中古艇のアフターフォローについて

気になる中古艇のアフターフォローについて

購入後に自分で修理するタイプの中古艇とは?

現状渡しは自分で修理する必要があるので、よく考えてから購入してください。

 自分の船を持って、きらめく海の上を走るひとときは、最高に幸せなひとときです。
若い方から年配の方を中心に中古のヨット市場は高まりを見せています。

値段が高い新品と比べて、中古のヨットは気軽に購入できるものばかりです。
また年月がたった中古のヨットの方が、味が出て好きだと話す方もいらっしゃいます。

そんな中古艇の選び方ですが、新品と比べて、中古艇の選び方には注意点があります。
中古艇の選び方で一番気をつけたいのが、アフターフォローに関してです。

現状渡し価格の場合は、修理や欠陥がある場合、自分で直す必要があります。
現状渡し価格が安くても、すぐには飛びつかず、実際に目でいろいろな箇所を見ながら
妥当な値段かを検討しましょう。

初めて買う方には、整備済み価格の船が安心なこともあります。
整備済み価格の場合には、業者の方が壊れている箇所をきちんと直し、メンテナンスをかけたものです。
値段は高めですが、安心な販売方法です。