中古艇には整備済み価格と現状渡し価格があります。

中古艇の整備状態と、価格の違い

中古艇には、後から整備することが前提で販売されているものがあります。

中古艇の価格が安いと思ったら、現状渡し価格かもしれません。

 ゆるやかに流れる雲、そしてラジオから流れる懐かしの洋楽メドレー。
地上にいるときと比べて、ゆったりとした時間が流れるのが船の上のひとときです。

船を大好きな人たちの間には、中古のヨットがにわかな脚光を浴びています。
中古でヨットを手に入れた場合、新しく購入したときの値段よりも、気軽な価格で
船を自分のものに仕立てることが出来ます。

これから船に乗ろうかな、でも途中で飽きてしまうのではないか。
迷っている方も、中古のヨットであれば、その世界に入ることが出来るのではないでしょうか。
中古艇の選び方ですが、年数がたった中古艇には、それなりの選び方があります。
中古艇の選び方で気をつけた方が良い点は、控えめな価格にあります。

整備済み価格の場合は、業者が修理した後の価格です。
現状渡し価格の場合には、古い船に手を加えず、そのままの価格となります。
現状渡し価格の場合は安さが特徴ですが、その後の修理は自分で行う必要が生じてきます。