船を安定航海させる、大切なステーとセンターボードについて。

ステーとセンターボードがヨットを安定航海させる

ヨットをぐらつかせず、飛行機の羽のような役目をします。

ステーとセンターボードが、前に進める力だけを船体に残す

 自然の風をからだ全体で受けながら、大地を感じることが出来るものといえば、やはりヨットでしょう。
ヨットには様々なタイプのものがありますが、その構造は基本的には同じものです。

一般的にヨットの構造は大きな帆が特徴の2枚のセール、そしてしっかりと体全体を支えるマスト
そして船体に分けることができます。

ステーと呼ばれる鉄製のワイヤーが、マストを支えています。
その構造の中心部分には、センターボードと呼ばれる板がついています。

これは飛行機が飛ぶ際の羽のような役目をするもので、船があちこちにぐらつかず、船を前に推し進める
大切な役割をになっているのです。

後ろにかかる力をセンターボードが吸収をし、前に進める力だけを船体に残してくれるのです。
カラフルなセールと、威圧感のある、背の高いマストに思わず目がいきがちですが、そのほかの様々な部品が
縁の下の力持ちとして、船が安全に前に進むための手助けをしているのです。