高いヨットはどのような理由から、その値段が決まっているのでしょうか?

高いヨットはなぜ高いのか?

装備やエンジンの大きさなど大きな決定要素になります。

高いヨットは乗船に人数も多い。

 金銭的にも時間にもゆとりと、余裕が生まれてきたら、ヨットに乗ってみるのも、実にオツな時間の使い方です。
値段がはるものと思われがちなヨットですが、装備品や内装などに力が入れられているものほど値段も高め
対して乗船できる人数は限られていて、装備品などもシンプルなヨットは値段も控えめなのが特徴です。

8人から10人ほどの多くの人が乗ることが出来るタイプをクルーザータイプ。
そして、2名ほどの小さなスペースの小型船をディンギータイプと呼んでいます。
小さなディンギータイプでも、プライスは600万円前後からが、国内メーカーの場合、一般的です。

また8人から10人ほどの人数が乗れるクルーザータイプの場合には、プライスは安くても1000万以上するのが
一般的です。
クルーザータイプの場合は、船好きが何人か集まって、出資をしながら共同で船を所有しているケースも多いそうです。
また中古の場合は、プライスも控えめなものが多いようです。